歯列矯正治療とは?

歯列矯正とは、専門の装置を使って歯を動かし、歯並びや嚙み合わせを正しい状態へ調整していく治療です。 歯や歯茎が健康な状態であっても、かみ合わせの状態が悪いとお口だけでなく身体全体の不調を引き起こす可能性があります。 また、虫歯等もなく歯並びもきれいなのに「歯がしみる」「強くかむと痛みがある」「顎が痛い」といった症状がある方は、嚙み合わせが合っていないことが原因の可能性があります。 当院ではワイヤーを使った「ブラケット矯正」や、取り外し可能な「マウスピース矯正」のほか、透明に近く目立たないマウスピース「インビザライン」なども行っております。
歯列矯正のメリット
  • 見た目が綺麗になる、笑顔に自信がでる
  • 歯磨きがしやすくなり、虫歯や歯周病を予防しやすくなる
  • 正しい発音がしやすくなる
  • すべての歯の寿命が延びる
  • 首周りや、口周りの筋肉の緊張も緩和される可能性がある
  • 顎の関節の負担を軽減する可能性もある
歯列矯正のデメリット
  • 健康保険適応でないため、治療費が高額になる
  • 歯を動かす時に痛みを伴う時期がある
  • 治療期間が半年~3年程度と長い
  • 治療終了後も後戻り防止の装置を使用する必要がある
  • ブラケット矯正の場合、治療期間中の見た目が悪くなったり、口の中の違和感が大きくなる

不正咬合の分類

歯並びや噛み合わせの状態が良くない状態が「不正咬合」です。
矯正が必要となる「不正咬合」には、さまざまな種類があり、分類によって治療の方法も変わってきます。
  • 01ガタガタ

    叢生(そうせい)

    歯がガタガタしている状態です。 顎の大きさに対して歯が大きい場合に起こります。 従来、抜歯矯正をすることが多くありましたが、最近は抜かずに並べることも可能なシステムも開発されています。

    叢生の症例はこちら
  • 02出っ歯

    上顎前突(じょうがくぜんとつ)

    いわゆる『出っ歯』です。 歯列矯正のみで改善出来ることもありますが、 骨格性の出っ歯の場合は矯正治療のみでは改善が難しいケースもあります。

    上顎前突の症例はこちら
  • 03受け口

    反対咬合(はんたいこうごう)

    いわゆる『受け口・しゃくれ口』です。 歯列矯正のみで改善出来ることもありますが、 骨格性の出っ歯の場合は矯正治療のみでは改善が難しいケースもあります。

    反対咬合の症例はこちら
  • 04すきっ歯

    空隙歯列(くうげきしれつ)

    いわゆる『すきっぱ』です。 部分矯正でも治療できる場合があります。 矯正した後の後戻りも起きやすい為、治療後の保定装置の使用が必須です。

    空隙歯列の症例はこちら
  • 05非対称・ズレ

    交叉咬合(こうさこうごう)

    部分的に噛み合わせが交叉している噛み合わせです。 片側性の肩こり等の筋症状がでたり、顎の痛みの原因になることもあります。

    交叉咬合の症例はこちら
  • 06前歯が閉じない

    開咬(かいこう)

    一見、歯が綺麗にならんでいるように見えるかもしれませんが・・・ 奥歯しか噛めないため、奥歯に過大なストレスが掛かります。 全体的にバランス良く噛めるようにすることが望ましいです。

    開咬の症例はこちら
  • 07噛み合わせが深い

    過蓋咬合(かがいこうごう)

    ディープバイトともいいます。 下の歯があまり見えないのが特徴です。 噛み合った時の力がうまく分散されにくい為、奥歯に負担が掛かりやすいです。

    過蓋咬合の症例

歯列矯正の治療法

インビザライン・フル
(マウスピース矯正)

  • 最もおすすめの治療法で、透明に近い素材のマウスピースを用いて矯正治療を行います。
    矯正装置が見えにくいため、矯正特有の見た目も気にならず、全体的にゆっくり歯を動かすため、ワイヤー矯正よりも痛みが出にくいのが特徴。
    また、ワイヤーなどの金属を用いないため、金属アレルギーの方も矯正治療が可能です。
    3Dシミュレーションを用いれば、仕上りを事前にイメージしやすくなります。
  • 治療期間:6カ月~3年
  • 全顎矯正費用:インビザラインフル(5年保証、マウスピース無制限)80万円(税込 88万円) ※抜歯症例は+10万円(税込 11万円)
  • 全顎矯正費用:インビザラインモデレート(2年限定、マウスピース26枚)65万円(税込 71.5万円)
  • 部分矯正費用:インビザラインライト(マウスピース14枚)50万円(税込 55万円)
  • 部分矯正費用:インビザラインエクスプレス(マウスピース7枚)30万円(税込 33万円)
  • 矯正装置調整料・保定装置:無料
  • チェック:1~2カ月に1回程度
  • 取り外し:○
  • 違和感の有無:なし
  • メリット:目立たない。虫歯になりにくい。違和感が少ない。金属アレルギーの心配がない。事前の3Dシミュレーションを行うことが出来る。
  • デメリット:きちんと使用しないと、きちんと歯が動かないことがある。1日20~22時間以上の使用が必要。食事の際は取り外ししなければならない。
3Dスキャナー:itero(アイテロ)を導入
当院では、日々進化を続ける矯正システムに対応し、 3Dスキャナー:itero(アイテロ)を用いた治療を行っております。
3Dスキャンを行うことで、従来使用していた型どりの材料を用いる必要がなくなり、これまでよりスピーディーな矯正の診断が可能になりました。
歯科用CTを用いた事前のCTスキャンデータと、模型をスキャンしたデータを組み合わせて、 実現性の高いシュミレーションを行うことが可能です。

itero(アイテロ)

itero(アイテロ)

ワイヤー矯正

歯の1本1本に矯正装置(ブラケット)を付けてワイヤーを通し、歯並びを矯正する治療法です。 現在は、審美性を考えた白い装置もあるため、昔よりは目立ちにくくなってはいるが、透明なインビザラインと比べるとかなり目立つ。 矯正装置を歯の表面につけるため、口腔内の違和感は大きくなります。 舌側矯正に比べると、期間は早く歯を動かすことができます。
  • 治療期間:6カ月~3年
  • 全顎矯正費用:80万円(税込 88万円) ※抜歯症例は+10万円(税込 11万円)
  • 部分矯正費用:30万円(税込 33万円)
  • 矯正装置調整料(月1回):5,000円(税込 5,500円)
  • チェック:月に1回程度
  • 取り外し:×
  • 違和感の有無:あり
  • メリット:自分で取り外しする必要がない。
  • デメリット:目立ちやすい。歯ブラシが難しい。歯を動かす際の痛みがある。

舌側矯正

ワイヤー矯正の矯正装置(ブラケット)を歯の裏側につけて、矯正する治療法です。 矯正装置やワイヤーは見えなくなるので見た目の問題はないが、舌を動かすスペースが狭くなるため、言葉を発音しにくくなったり、舌に傷ができるなどのデメリットがあります。また、普通のワイヤー矯正に比べて、治療期間が長くかかるケースが多いです。
  • 治療期間:6カ月~4年
  • 全顎矯正費用:90万円(税込 99万円) ※抜歯症例は+10万円(税込 11万円)
  • 部分矯正費用:40万円(税込 44万円)
  • 矯正装置調整料(月1回):5,000円(税込 5,500円)
  • チェック:月に1回程度
  • 取り外し:×
  • 違和感の有無:あり
  • メリット:表から見えない。自分で取り外しする必要がない。
  • デメリット:舌のスペースが狭くなり、舌を傷つけやすい。歯ブラシが難しい。

セラミック矯正

歯並びが悪くなっている原因の歯を削り、セラミック製の歯をかぶせて見た目をきれいにする治療法です。 短期間で歯並びを綺麗にしたい場合や、矯正と合わせてきれいな白い歯にしたいという方におすすめの方法です。 ただし、歯を削る量が大きくなる場合や歯を抜く場合もある為、メリットとデメリットをしっかり考慮して選択されることをおすすめします。
  • 治療期間:1週間~1カ月
  • 部分矯正(1本)費用: セラミッククラウン(ジルコニアセラミック) 1本 費用:13万円(税込 14万3,000円) セラミッククラウン(オールセラミック) 1本 費用:10万円(税込 11万円)
  • チェック:定期検診時にチェック
  • 取り外し:×
  • 違和感の有無:なし
  • メリット:矯正装置を必要としない。短期間で歯並びを綺麗にできる。
  • デメリット:場合によっては歯を削る必要がある。 セラミックで修復する歯の本数が多くなると高額になる。

スピード矯正
インビザライン×PBMヒーリング

  • 当院ではインビザラインシステムと相性のよい、PBMヒーリングという装置を用いたスピード矯正を行っております。
    このPBMヒーリングを1日10分使用することで、通常7日で交換するマウスピースを最短3日で交換することが可能となります。
    このスピード矯正はフォトバイオモジュレーションという効果を利用します。
    私たちの体内の細胞に存在する、フォトバイオモジュレーションはミトコンドリアの代謝を向上させ、創傷治癒を促し、血管形成、骨や神経、骨格筋の修復を促進することが解明されております。
    PBMヒーリングは、近赤外線である850nmの光を使用しており、目で見ることは出来ませんが、歯の周りの組織に最も効果の高い波長を用いております。
    PBMヒーリングはドイツ製で、EUでは認可を得てますが、日本ではまだ医薬品医療機器等法(薬機法)未認可となっております。ご理解のある方のみにご紹介しております。
    ご興味のある方は是非ご連絡下さいませ。
  • 治療期間:インビザラインの約半分の期間
  • 全顎矯正費用:100万円(税込110万円)(調整料金含む) ※抜歯症例は+10万円(税込11万円)
  • チェック:2カ月に1回
  • メリット:早期に矯正治療を終えることが可能
  • デメリット:通常のインビザラインフルより費用が掛かる

インビザライン・キッズ

  • インビザライン・キッズは、混合歯列期(乳歯と永久歯の交換期)にある子どものためのマウスピース型矯正装置です。
    インビザラインは、これまで主に永久歯が生え揃う時期の矯正治療(第2期治療)で使用していましたが、インビザラインシステムの技術進歩により、乳歯と永久歯が混在する時期の矯正治療(第1期治療)からの使用が可能になりました。
  • 治療期間:6カ月~18か月
  • 費用:50万円(税込 55万円) ※調整料金込み
  • チェック:2~3ヵ月おきの定期健診時にチェック
  • 取り外し:〇
  • 違和感の有無:少ない
  • メリット:装置が目立ちにくく、違和感も少ない。成長因子を利用して歯を並べることが可能。
  • デメリット:追加で成人矯正が必要な場合がある。

小児矯正(プレオルソ こどもの歯並び矯正)

永久歯が生えそろう前の状態のときに装置をつけ、子どもの成長に合わせて顎を広げる治療法です。プレオルソ®︎は、お口の周りの筋肉のトレーニングを行いながら、歯を並べることが出来ます。 小児床矯正は子どもの歯並びをきれいにすることよりも、大人になって矯正をする際に歯を動かしやすくするのが大きな目的。装置は取り外しができるので、寝るときなどに装置をつけて矯正をします。
  • 治療期間:6カ月~2年
  • 床矯正装置 35万円(税込 38万5,000円) ※装置6個まで込み
  • チェック:2カ月に1回 調整料3,000円(税込 3,300円)
  • 取り外し:○
  • 違和感の有無:あり
  • メリット:取り外しができる。大人の歯が生えてくるスペースを確保することができる。 口の周りの筋肉のトレーニングを行うことができる。
  • デメリット:一日14時間は装着していないと効果が得られない。 重度の鼻炎の方は使用が難しい場合がある。